廃棄物処理の方法~廃棄物はどうやって処分するの~

作業員

廃棄物処理の仕組み

工場

人間が活動する際には、何かしらの廃棄物が排出されます。それは物を作り出す際には避けては通れない物なのです。人の暮らしを豊かに、そして便利にするために現在まで多くのものを生み出してきました。その裏で発生した物が廃棄物なのです。廃棄物には産業廃棄物と一般廃棄物があり、それぞれ処分や分類の方法が法律で細かく指定されています。世界の先進国である日本では年間に4536万トンもの一般廃棄物が排出されています。産業廃棄物に関しては3億8975万トンです。

家庭で発生する一般廃棄物は各市町村が収集し処分しますが、産業廃棄物処理に関しては、排出をした事業者が自分で廃棄物処理を行なう必要があります。この際、廃棄物を選別、撹拌、燃焼、埋めるなどの作業は許可を受けた施設でのみ行なうことが出来ます。そのため廃棄物処理を事業者自ら行なっていることは少なく、都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託するのが一般的になっています。廃棄物処理業者によって、処理を行なうことが出来る廃棄物の種類は異なります。業者によって、「廃プラスチック」や「ゴムくず」、「金属」、「瓦礫」など様々です。それらの業者では専用の選別機械や処分機械を使用して廃棄物の処理を行なっているのです。また廃棄物処理の費用は廃棄物の種類や性質、重量、大きさ分別方法、処理場まで運ぶ距離などによって変動します。そのため廃棄物処理委託する際には営業担当者等に事前に問い合わせて確認をしておくと良いでしょう。

作業効率化とコストダウン

2人の作業員

ガレキの処理はガレキの大きさによってその処理の方法が変わります。そのためガレキ選別が必要になりますが、機械を導入することで人件費や作業の時間を大幅に減らすことが出来ます。

View Detail

出費を減らすコツ

工事現場

瓦礫を適正に処理するためには瓦礫選別作業が必要です。瓦礫選別作業には人出と時間が必要になりますが、機械を使用すればどちらも解決できます。購入費が心配な場合はレンタルしましょう。

View Detail

ゴミの種類と捨て方

女の人

さいたま市では一般廃棄物の処理を行なう責任があります。ですが市が収集出来ない種類の廃棄物は、市の許可を受けた収集業者に依頼することで回収の依頼をすることが出来るのです。

View Detail